スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔のコールブックを読み返すとコールが過剰で幻滅する現象に名前をください

実はですね、前稿の闘会議のクダリで、明後日の夜に迫った「新年会」に関して、書いていなかったことがありまして……

ギャラリー「なちゅてぃーず☆再結成おめでとう!」
なちゃーん「ありがとう! みんな『演る?』『演る!』『演るよね?』『演る演る!』みたいな感じで、すぐ決まって! まぁげっちは残念だったけど……」
ギャラリー「5日の新年会、アコースティックと普通の(オケ音源の)と両方あるんですよね? (自分はちゃんと読んでるから両方あるって分かってるけど)周りで『全部アコギ!?』みたいにびっくりしてる人達がいて……」
Parka「(まじかよ読み落とした人そんなにいるのかよw)両方っていう話でしたよね?」
なちゃーん「そうそう! 普通のやつもやるよーって書いたの、さては、みんなちゃんと読んでないな?w」(※流石は中央大法学部卒、読み落としには厳しいw)
ギャラリー「みんな歌聴ける嬉しさで舞い上がっちゃってたんじゃ……(w」
なちゃーん「でも、こんどの会場、あんまり音楽向けじゃないから、『Oi! Oi!』って声出しちゃうと迷惑になっちゃうみたいで、それで、アコースティックもいいかなー、って」

そうなんですよ。
阿佐ヶ谷ロフトAですから、イベントスペースではあっても音楽用ライブハウスでは断じてないわけですよ。
ステージがあってイベントもできるバー、ぐらいなもんです。

したがって。
これまでNatsuko Call Project(N.C.P.)が発行したCall Bookの記載内容をそのまま実行に移すのは必ずしも適切でない。

と思って読み返してみると、
我ながら「この記載、コール入れすぎなんじゃねぇの?」と感じるところが少なくなかった件。

とはいえ、この場でいちいち列挙するととんでもないことになるので……、
さしあたっては、当方作成の「コールメモver.3.3」が、ずいぶんと絞った形で書いてありますんで、そちらをご覧いただくとして、
当日は総じて控えめでいい感じに楽しめればなー、と思います。

控えめってーと、まぁたとえば、フッフーフワフワの類はナシにして、
「Perfect-area complete!」の「いーまーよーりーステキなーミライーがーあるからー(オーッ、なつこ!!!)」みたいなやつは入れていく、とか。
あとは、座席スペースも狭いので踊り過ぎない範囲にとどめつつ、
「Precious tone」の大サビで歌詞に合わせて「オレンジの光」を焚くクダリは決めにいく、とか(※もちろんこれらの曲が来るとは限らない )。

いずれにせよ、バー・スタイルで金曜夜ですから、
ある程度呑んでナンボだとすると、尚更激しく動くのは身体に毒ということで。(w

当日、どんな雰囲気になるかなぁ。
本当にたのしみです。

おまけ:
闘会議のとき、ギャラリーだけで話していて、
なちゃーんの「会場が音楽向けじゃないから」云々について「あの発言はParkaに釘刺してるんだぞ! お前気をつけろよ!」とかイジられた件。
冗談キツいっすよみなさん……(w


いわっちぃさん主催の寄せ書き企画には、彼とわたしを含めて43人分の寄せ書きが集まりました(PDF版)。ご参加くださったみなさん、ありがとうございます! 寄せ書きは無事に色紙として発注されたそうです。


さらに、いわっちぃさんから企画第2弾。

わたしも参加いたします。
みなさんも、ぜひに!
ちなみに、寄せ書きとフラワースタンドが一緒に会場に届けられる手筈になっているそうです。

Comment(s): -: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。