スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻生夏子13th single『MoonRise Romance』

27日に発売された13th single『MoonRise Romance』を買ってきました。

1.MoonRise Romance
作詞 : こだまさおり 作曲・編曲 : 山田祐輔 ストリングス・アレンジ : 川本新
2.私色クローズ
作詞 : 麻生夏子 作曲・編曲 : 藤井丈司
3.MoonRise Romance (Instrumental)
4.私色クローズ (Instrumental)
※ソース:Lantis公式サイトのMRR紹介ページ


↑の「MRR」みたいな略し方には「分かりにくい省略やめろよ」っていう声が仲間内からも飛んで来ますが…まぁglobal仕様ってことでw(フランスのSNSだと3文字が普通)

1. MoonRise Romance
曲の感想はツギアニ!のとき(&ニコ生タイムシフト)の記事で書いたので、
ここでは書き溜めておいた先行公開PVの感想を。

再生した瞬間、「天使だー!」と自宅で叫んでしまった。ぐうかわ。

しかし同時に飛び込んでくるあまりにチープな背景にズゴーーーーーーーーーーーーとなりましたwwwww
いや、別に「もっとカネ遣えよ!」とか言いたいんじゃないのよ。チープさが却って存在感大きくて、アーティスト麻生夏子をくっちゃってる! (ノ∀`)
正直焦りましたwww

とはいえ、本人のパフォーマンスと川本新のストリングスアレンジに心を持って行かれているので、すぐに気にならなくなりました。
最初は「メンヘラか!?」って思ってた歌詞も、いつの間にか馴染んでしまった感ある。
もしかして:聴いてる自分がメンヘラ気質
まさか、ね…HAHAHA

イメージカラーの紫って、夜空の色っていうことでいいのかなぁ。
ただ、紫ってリュームで考えると少々めんどい? 否、キンブレの時代だと苦はない? うーん、どうなんでしょ。
なんか、紫リュームで埋まった客席の中で一部だけが黄リュームorUO焚いてる構図が思い浮かんだ。妄想するだけ自由w
少なくともこの曲で客席全体が黄orUOに染まる感じではないことは確かですが…


2. 私色クローズ
みならじで既にワンコーラス流れていましたが…
だめだ、懐かしさしか感じないwwwww
「藤井丈司サウンド」っていうことなんでしょうかね? 当方、詳しくないんですが、藤井さんの作品をggってみたら案外簡単に腑に落ちました。

溢れ出る往年の雰囲気。とはいえ夏子曲として違和感も特にない不思議。
当方が前々から感じている【麻生夏子が歌うとコテコテのアニメソングも「アニソンだー!」とならずに「夏子曲だー!」となる】現象がここでも当てはまっている…と勝手に理解してます。

基本となる手拍子のリズムは、聴いた限り

タン タン タン タタ タン タン タタ タタ

みたいですね(違ったら教えてください)。
サビ最後の「む~すんで~」の部分だけなのかと思ったら、2番サビは後半以降、ラスサビは全部、さらに後奏までが全部このリズムだった。ひょー!
難しいのは、食い気味に来る歌詞に対してノークラップになる部分があるので(1番サビ最後と曲の最後)、そのタイミングでうまいこと切り替えられるかどうか。
もっとも、実際のライブを考えると、クラップばっかりだと重くなりそうだし、全部手拍子するか…というと微妙な展開ではある。
結論:12/01発売記念インストアイベントで実地調査だ!

Comment(s): -: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。