スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻生夏子インタビュー@ロンドン by J-POP GO

世の中は『ネギま!』完結で大騒ぎですが…なつこ情報行きます。
あ、そういえば、日付変わって今夜は横須賀のローカルFMでインタビュー(録音)が流れる模様ですねぇ。聴ける方、ゼヒ。


そんじゃ本題。海外インタビュー記事意訳シリーズ第2弾です。
今度は「J-POP GO」なるイギリスのサイトが、なつこにロンドンでインタビューした記事を03/10に載せていました。
ところでこのサイト、カテゴリーが

■Events
■Interview
■News
■Perfume
■Tommy February6
■Uncategorized
■Vocaloid
■YMO

YMOってどういうことなのwwwwwwwwwwwww

…めげずに、意訳していきます。

元サイト:An Interview with NATSUKO ASO | J-POP GO

先に言っときますが、質問がいろんな意味でおもしろいw
【追記】からどうぞ。

麻生夏子さんに訊く 2012/03/10 聞き手・写真:Paul Browne

J-POPで活躍を続ける麻生夏子さん。「More-more LOVERS!!」や、「バカとテストと召喚獣」シリーズのテーマソングともなった「Perfect-area complete!」などの曲は大流行のポップソングの中で一際熱狂的人気を見せている。
麻生さんは初め女優として活躍し、「ネギま!」実写版で長谷川千雨役を演じると、3人組ユニット「pRythme」のメンバーになった。その後ソロデビューとなり、デビューシングル「Brand new world」は2009年「真マジンガー 衝撃! Z編」のEDタイアップとして発売された。現在フランスのTV番組「Japan in Motion」シリーズのメインパーソナリティも担当しており、2010年同国で開催された「Japan Expo」ではゲストとして招かれている。
麻生さんは「Hyper Japan 2012」での出演で英国デビューとなる。今回、多忙なスケジュールの中時間を割いていただき、いろいろと語っていただいた。お仕事、音楽、さらにはフィッシュ&チップスまで!

Q1. イギリスでのパフォーマンスということについてどう思いましたか?
A1. HJに出演者としてイギリスに招いてもらえて、本当に嬉しいです。イギリスに来るとは思ってなかったので。

Q2. (これから)イギリスで楽しみにしていることは何ですか?
A2. シャーロック・ホームズが好きなので、ベーカーストリートに行ってみたいですね。それと、ウェストミンスター寺院も。あとまだフィッシュ&チップスを味わってないので、ぜひ食べてみたいと思います!

[PACのPV@ようつべ。省略]

Q3. 「Brand new world」の成功は嬉しかったですか?
A3. BNWはデビューシングルということで、…もっと有名になるためにはやっぱりもっと経験を積んでこれからももっともっと努力を続けていかなきゃ、と思います。

Q4. どういうふうにしてアニソンを作っていくんですか?
A4. 私のシングルはアニメとのタイアップなので、基本的には作品に沿った形で作られます。まずはストーリーとかバックグラウンドとかを考えて、それから曲作りに進んでいきます。

Q5. 今後アニソンの発売予定はありますか?
A5. いまのところ決まってません。本当ノープランなんですよー!
Q5-2. それじゃあこの話題できないじゃないですかー!(笑)
A5-2. あはは(笑)まぁ、またアニソンを歌わせていただいたりするかもしれません。

Q6. 『ネギま!』は楽しかったですか?
A6. いやーすっごく楽しかったですよ!(笑) ちぅたんはちょっと変わってて、しかもコスプレ好きで、やってて楽しかったです。何度もコスが変わるのが彼女らしいところで、それでちぅたんが好きだし、演じるのも好きでした。

Q7. 千雨と似ていると思うところはありますか?
A7. そりゃもうたくさん!(笑)共通点が多いなーって思います。私自身ちぅたんみたいにちょっと変わってる方ですし(笑)あとコスプレも好きだったりとか、すごく通じるところがあるんじゃないかなー、と。

Q8. 「pRythme」はネギま!から派生した3人組ユニットだったわけですが、ユニット活動は楽しかったですか?[訳注1]
A8. えーっ、pRythme知ってるんですかー!? これ確か5年くらい前、もうすっごく前のことですよ![訳注2] 3人ともオーディションで決まったんです。みんな歌って踊れるってことで。

Q9. ソロ活動になったきっかけは?[訳注3]
A9. 実は日本のTV番組で他のユニットでもやってたんですけど、それも解散になっちゃって[訳注4]。それから本格的にソロシンガーとして活動し始めて今のレーベルからスカウトされて[訳注5]、それで今に至るって感じです。

Q10. ミュージシャンとして、番組パーソナリティとして、更には女優として、それぞれお仕事があるわけですが、どれが一番大変ですか?
A10. どれも大変ですよ。あーでも仕事の内容によりますかね…いや、いつも大変です。
ただ、歌手って、ワンチャンスしかないっていうか。「いまのは練習」なんてことは許されなくって、常に一発勝負ですよね。このHJみたいなところでライブをやるとなると…って考えたら、歌手が一番大変なのかな。

Q11. ライブでは本当に大活躍でしたね。どうやったらステージ上であれだけエネルギッシュにやり続けられるんだろうかと思ってしまいます。実際のところどうなんでしょう?
A11. どんなライブでもいつも楽しんでやってますんで!(笑)

Q12. 音楽方面で、今年2012年の予定は?
A12. ニューシングルとかアルバムとか出せたらいいなーって思ってますけど、まだどうなるかわかりません。いまのところ、今年の夏にバースデーイベントをやる予定です。あと、3月には日本でイベントに出演させていただく[訳注6]ので、もっとたくさんの方に会えそうです。

Q13. またイギリスでライブやってくださいね?
A13. もちろん! 今回は本当に短い時間だったので、できるなら今度はもっと長い時間ライブをやりたいですね。

Q14. 他に行きたい国とか場所とかはありますか?
A14. 上海です。大学で中国語もやりましたし。あとはスペインですかね。スペイン料理が好きなので。パエリアー!

Q15. スペインというとすごく暑い場所ですが、そういう天気でもイケる方なんですか?
A15. 全然大丈夫ですよ! 東京だってメチャクチャ暑いですもん!


訳注
1. 原文には "the 3-person band" "performing as a band" とある。ただし「バンド」といっても必ずしも楽器担当云々を含意するとは限らないので、ここでは単に「ユニット」と訳した。
2. pRythmeのデビューマキシシングル「ユウキノアジ!」は2008.02.06発売。
3. 原文は "How do you find performing on your own?" で、「ソロ活動についてどう思っていますか?」の意にも取れるし、実際そのように聞こえるのだが、なつこの回答からすると文中のように捉えるしかない。
4. 明らかに、「¥enガール」のこと。果たして、実際のインタビュー中になつこは¥enの名前を口にしたのか?(笑)
5. 明らかに、「Lantis」のこと。このスカウトというかオファーに関するエピソード、少し聞いたことはあるのだが、ソースが思い出せない…。どこかのインストイベだったか、スタッフさんとの会話の中だったか…。
6. 原文では "a live event in Japan" と単数形だが、実際には03.10ブシロと03.17福岡ドームの2つ。英訳時に単数形にしただけのことだろう。いわゆる情報統制とは思い難い。そういえば、日本以外だと最終週辺りに香港のイベにも出演するようだが…情報マダー?

もうpRythmeのクダリの辺り、興奮で答えになってないよねwww
それもまたなつこらしいw

Comment(s): -: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。