スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/24-5 麻生夏子ライブ@HYPER JAPAN 2012 Spring@ロンドン

ようやくレポがまとまりました。
今朝のZIP!でもちょっとだけ来ましたが、地震速報で流れちゃいましたねぇ^^;
来週火曜のZIP!&アニちゅー、それから水曜のみならじでいろいろ語られるんじゃないかなぁ。楽しみです。

ってことで、ロンドンで開催された「HYPER JAPAN 2012 Spring」内のなつこのステージに行ってきましたー!
会場は、「アールズ・コート(1)」3階の「ブロンプトン・ホール」。6000人収容のホールで(最初何を見間違えたか3200だと思ってました)、まぁ有明とか幕張とか横浜とかと大差ありません。
1つの敷地内に「アールズ・コート(1)」と「アールズコート 2」という2つの建物があるんですが、それぞれが4~5階建でホールを複数抱えてるところが日本と違うところでしょうか。

メインステージは会場の隅に設営してありました。ファッションショーも行われるだけあって、客席から見てT字。
客席は7列プラスT字の両サイドに食い込む4列(以下0列~-3列)で、実質11列。T字の縦棒部分は横幅5席。
ドセンと下手1ズレは、1列目だけ席アリで、それより後ろは通路なのかアキにしてありました。でも実際にはそこにも人が座り込んだりしていた模様。後方なんて確認しませんので←
あ、椅子から立つことはなく、座りイベになりました。
ステージと客席の間にパーティションの類が一切なかったり、録音録画撮影ナンデモアリだったり…これが海外イベの洗礼?

以下、2日分一気に書きます! 長文ですがよろしくお付き合いくださいw
1日目:現地時間02/24 (Fri.) 19:30-(60分枠) ニコ生での録画放送
フランスから来ていたフランス人の知り合いとドセンで連番して待機。
ニコ生用のカメラはステージ中央の真下。担当だったヒラPと仲良くなった←

現地MCさんの呼び込みから……
まさかまさかの、ライブツアーと同じステージ照明+オーバーチュア!!!
メチャクチャ高まった!!!
衣裳もあの白ドレス加工のヤツで、こりゃぷれとんツアー3日目じゃねぇかっていうレベルwwwwww

セトリ

01. Precious tone
02. 恋愛向上committee
03. Lovely Girls Anthem
04. Merry-go-round
現地MCとトーク
05. Everyday sunshine line!
06. Perfect-area complete!
07. ダイヤモンドスター☆
じゃんけん大会


ぷれとんアレンジのオーバーチュアからぷれとんに繋ぐとか、マジ反則っしょ…!!
大サビの「オレンジの光」で自分が独りUO焚いたら、客席がどよめきましたw 快感←
その次も久々の恋コミだったりして、ノッケから大歓喜でした。
正直言って、この日は歌声がいつも以上に不安定で心配になるレベルでしたが、
なんだろー、それ以上に、高まってたって感覚ですかねー。
「ぃよっしゃ、やってやるぜ」的な気持ちが乗っかってたからかな?
ステージがちょうど会場の隅にあるもんだから、自分のコールが響き渡って聞こえるんですよ。
すごく傲慢な言い方かもしれないけど、このライブを作り上げてるって実感が強かった。
実際、コールのとこでなつこが客側にマイク向けてきた辺り、会場を、あるいはなつこ自身をノせることができたのかな? って思ったりして。
とにかく、ひたすら、リュームから振りコピまで、ガッツリ楽しみました!
やっぱり特別に細工したりせず普段通りにやる方が落ち着くし、現地勢に見せる(魅せる?)ことにもなるし。よかれと思って慣れないことやると逆効果になりがちな自分とすると、余計に。

※ニコ生観てから知ったんですが、セトリがリハと違ってたらしいですねぇ…。それも声に影響したのかな。
とにかく、音響関連は現地スタッフ任せだったとのこと。ヒラPもいろいろと嘆いてました。

トークセッションは現地MCの質問ぜめ。通訳の人が、和文英訳もアニソンの知識も怪しくて、ちょっとなつこがかわいそうだった><
気になった質問:

Q. ここの客は香港やフランスと比べてどうですか?
A. すごくノリがよくって、うれしいです^^


それ訊くなよーwwwwwwwwwwwwwww
もっとも、ESLの振付講座じゃ割とみんな参加してくれてたように見えたから、まったくポテンシャルゼロってほどじゃなさそうだったけど。
しかしなつこの回答に撃沈wwwwwwwww健気すぐる。泣ける。

Q. なんでフランスで人気になったんですか?
A. 正直言って私もわかんないですwwwwwwwww…番組じゃスッポン釣とか体当りなことしてますけど…やっぱりわかんないwww


質問になつこ本人も撃沈wwwwwwwwwwww当然うちらも撃沈wwwwwwwwwwwwwwwwwwww
フランス勢が「んなの俺らが知りたいわwwwwww」ってなるレベルだからシカタナイネ!
リアクションからして、事前には質問内容知らなかったパターン?
いずれにしても、全般的に質問が生真面目だった気がする。

最後にゃ、サプライズ用意したよー!ってじゃんけん大会が。
自分は秒で負けましたが、勝者2名には特製タンブラーがプレゼントされました。
タンブラー。後は何も言いません←

あ、そうそう、現地在住(留学?)の日本人のおにーさんと仲良くなりました。

2日目:現地時間02/25 (Sat.) 11:00-(30分枠) ニコ生での録画放送
9時半の開場で堂々先頭入場を果たし、ドセンへ。自分・フランス人・日本人おにーさんで下手側へ3連番。
ニコ生ブースになつこが行ってることは知ってましたが、席確保を優先させました^^;

今日も同じMCさんの呼び込みで登場。オーバーチュアはナシ。
衣裳は川崎と同じLGA PV仕様!! なんという今年のプレイバック感www

セトリ

01. Lovely Girls Anthem
02. Programming for non-fiction
03. エウレカベイビー
04. ダイヤモンドスター☆
05. Perfect-area complete!
en01. More-more LOVERS!!


前日とは一転して、今日は歌声ほぼ安定でした。吹っ切れたってやつですかね? このリカバリーはやっぱり流石だなぁ…とにかく、すごく気持ち良さそうなステージでした。
前日よりも客の入りがよかったのかな? 本当に楽しかった!
ただ、振りコピ曲が多くて、着席のまましっかり踊り切るにはもうちょいスキルが要るなーと実感w
あと、現地MCがさらっと「まだ聴きたいよねぇ?」とかアンコ誘ってくる展開でわろた(笑)
こういう、MCが先導するのって好きじゃないんだよなー(←
もう気の赴くままにダブルアンコかけた、…けど何も起こらなかった(笑)
ヒラPに止められる始末← すいましぇーん><
その後、これも現地在住(留学?)の香港人2人組とか、あと何故か現地の「半島系」のカルチャーニュースサイトのヤツらとか、いろんな人から話しかけられましたwww
他にも、「一緒に写真撮ってください!」とか言われたり…あたしゃただのビジターだっつーの!www

そんでもってですね、この日はサイン会まであったんですよ。
実は02/21のうちにHJ公式から情報が出てたんですが、全然知りませんでしたw
要は、「JP BOOKS」ブースでグッズ委託販売してるから、そこで買ってくれたらサインするよーっていう。
御品書:

£35 ぷれとん通常版
£25 LGA
£30 ぷれとんライブツアーT(ブルー/ピンク)
£30? 画伯iPhoneカバー ←価格失念orz
£*5 ぷれとんライブツアートレカ

価格は現地の物価に合わせてたらしく、総じて高め。
しかし、トレカはなんと5枚入で£5≒¥650ですよ。日本より安かったよー!(笑)
しかも、新年会orツアー大阪来場者限定だったプロモのクラブAも普通に封入されてるという。もしかしたら、クラブAはHJ来場者プレゼント的な意味で封入固定だったのかも?

なつこから「心強かった」って言ってもらえたのが本当に嬉しかった。もう、光栄すぎて光栄すぎて。
それと、「(ぷれとんの)オレンジ(の光)もありがとねー!」と。今後も続けてくよー!
あのときの周囲の観客のどよめきは、なつこ本人もスタッフさんも印象深かった様子。
ありがたいことです。ありがとうございますm(_ _)m
こんな充実感、今まで覚えたことないんじゃないかってくらいだったし、
もう、ほんと、なつこに最大限の感謝を。 もちろん関係各位にも。
もうこれで暫く海外は流石に無理だろうけど、正直言って、また行きたいよ!><

…ところで、HJ公式動画として1日目のダイスタがうpされてるんですが、
映し過ぎだろー(笑)
それ以外にも、たくさん動画がうpされてて、中には自分がフィーチャーされてるヤツまで…(笑)
Glow Stick ManだのSUPERFANだのといろいろ言われてますが、まだまだ力不足。驕ることなく、努力に勤しみたい。もちろん、独りじゃなくて、皆で、ね!

次の03/10ブシロは残念ながら家庭の事情で参加できなくて、
もしかしたらその次の生誕祭まで何もないんじゃないかってところ、
ただひたすら続報を待ちます。
そしてブシロ参加される皆さんに託します。いってらっしゃーい!

Comment(s): -: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。