スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻生夏子 LIVE TOUR 2012「Precious tone」大阪公演簡易レポ

1/14なつこ大阪@阿倍野ROCKTOWNに参戦してきましたー!
他の方々の御蔭もあって、最前にて参戦させていただきました。
関係各位に、最大限の感謝を。

セトリ

01. Perfect-area complete!
02. Programming for non-fiction
03. Movement of magic
MC-1
04. トキメキ☆トラベラー
05. Daylight
06. Dear my fortune
MC-2
07. Merry-go-round
08. Brand new world
09. Knockin' On Dream's Door
――衣裳チェンジ――
10. Luminous face, It's mine!
11. 新曲は宇宙カフェにて
MC-3
12. bitter
MC-4
13. starry-eyed future (acoustic ver.)
MC-5
14. Everyday sunshine line!
15. More-more LOVERS!!
16. エウレカベイビー
MC-6
17. Precious tone
――アンコール、衣裳チェンジ――
en01. Pop step trip!
MC-7
en02. Lovely Girls Anthem
MC-8
en03. ダイヤモンドスター☆
MC-9
――サインボール――

東京とのセトリ差は、BWNがRemixから通常版になったことぐらいでしょうか。

いやー、本当に楽しかった!
曲調とかリュームの有無・色の配列も含めてメリハリがあって、セトリとしても優秀!
歌唱力も順調に上がってきてるし、やっぱり世界を持ってるなー、と。
MCなんかは、大阪だったってのもあるだろうけど、客のスベリ芸以外スベるところナシってレベルw
歌詞gdったときの「ごめん間違えちゃったー!」のかわいさは異常。マジで。

そんでもって、何と言っても『Precious tone』「オレンジの光」一斉点灯!
なつこは案の定「泣かないようにしてきた!」と目を潤ませながらも歌い続けましたが、歌詞が全部終わった直後に感情が溢れていました。
それを眼の前にして、えも言われぬ感激を覚えました。
それと、なんだろう、主体的行為だったからでしょうか、一介のファンながら、充実感というか、もう嬉しくて嬉しくて。

もっとも、自分は正直言って前(なつこ)しか見てなくて、実は会場で光の海を直接目にしていないんですが…
Lantisすずめちゃんが後方から撮った画が全てを物語っています。
すずめちゃんのツイートでこれを見て、改めて、文字通り胸が熱くなりました。
これが、kIzuna…!
ワンマンライブ(ツアー)の中で成功したことは、本当に大きな収穫です。
みなさん本当にありがとうございました!
これからも、いわゆる一斉点灯ポイントとして、続けていきましょう!

今回の会場は、キャパ300の箱に客を詰め込んだってぐらいには狭くて、ステージと距離の近さに入場してびっくりしました。
その分、フロアを3段に分けるバーが外されて完全フラットなフロアになっていて、強烈な圧力が断続的に後方からかかり続ける状況、終始鳩尾の左右が最前バーに押しつけられてました。なので、碌にジャンプはできず、ってか周囲の人に身体ごと迫り上げられちゃう感覚w
それでも、すぐ前になつこがいたし、コールをガッツリキメようっていう自覚もあったので、別段にツラさを感じることもなく、腹から声を出しまくりましたw
なんつーか、終演時は全然疲れも感じなくて「身体、コレまだ行けるレベルじゃんねー!」とかガチで思ってたんですが、三本締め終えた瞬間に文字通りガタッてなって暫くゼーハーしてた^^;
押しつけられてたところは、それから急に痛み始めて、正直ツラかったw 今もまだ痛いお。。。

それにしても、大阪で300ソールドアウト当日券ナシってのは、ファンサイドの熱さを象徴してますね。
確かに、関西勢の東京遠征(通称「週末関東民」)も多いし、400~450ぐらいでもよかったような気さえ。

コール方面でいうと、MOM・MML・エウレカ辺りの、客側が歌詞をガッツリ言うパートが弱かった気がしますねー。
なつこも割とこっちにマイク向けてくるしなぁ。ってか、新曲LGAのサビでさえ向けてくるレベル、ドS?w
いやはや、メッセージ性高いよー。
ぃよっしゃ、頑張ろうぜ!
あと、PSTのラスト「みんなのことがだいすっきー!」をなつこが「なっちゅりーにのみんながだいすきー!」に変えてきたので、コールとしての「なつこのことがだいすっきー!」と競合することになりました。
今後、どっちになるか、高度な読み合いになりますね←

そしていまひとつ、お詫びしなきゃいけないことが。。。
最後の三本締めで、他の方が三本締め前の口上を始めていたにもかかわらず、それに被せるどころかそれを潰す形で三本締めを実行してしまいました。
いわゆる言い訳が全くないというわけではないんですが…問答無用。
その方を初めとして、不快な思いをさせてしまった皆さんにお詫びします。ごめんなさい。努力します。

自分も含めて、みんなで努力を重ねていって、
まぁ道のりはまだまだ長いかもしれないけれど、
なつこと一緒に、武道館行こうぜ!
どっちがどっちを連れて行く、とかじゃなくて、みんなで一緒に、ね!

Comment(s): -: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。