スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻生夏子インタビュー@トゥールーズゲームショウ by INN

Global Idol News Networkなるフランスのサイトが、なつこにトゥールーズでインタビューした記事を01/02に載せていました。
っつーことで、ざっくりと意訳してみたいと思います。

元サイト:Asō Natsuko au Toulouse Game Show « Global Idols News Network

【追記】からどうぞ。

麻生夏子、トゥールーズゲームショウに登場  2012/01/02 22:47  INN

昨年11/26-7に開催されたトゥールーズゲームショウに、「なちゃーん」の愛称で知られる麻生夏子さんが遠路遥々登場し(自身3回目の来仏)、2回のサイン会に加えて、土曜夜にはライブ、日曜昼にもミニライブを行った。

土曜ナイトショーのラストから4番目に登場した麻生さんは、他の演者のファンをも巻き込んで会場を盛り上げた。パワーあふれる曲を次々と歌い上げ、合間のMCパート(通訳:浅岡鈴果、Nolife局)でも観客を楽しませるなど、まさにノンストップのパフォーマンスだった。特筆すべきは「More-more LOVERS!!!」の“振付講座”。観客はその後完璧な振りコピを見せた。
日曜日のミニライブでは、麻生さんの出番が非常に遅れて[訳注1]巻き巻きな中でのパフォーマンス(特にMCパート)となったが、会場は相変わらずの熱気を見せた。開演後も、冒頭で音響トラブルが更に発生するなどトラブル続きとなる中、麻生さんはハイクォリティなステージを展開し、観客を喜ばせた。

今回、麻生さんにイベントの合間を縫っていただいて、最新アルバム「Precious tone」に加えて、麻生さん自身のことについても少し話を伺った。

(2011/11/27 トゥールーズにてインタビュー)

Q1. 麻生さんはこれで3度目の来仏になりますが、フランス語は上達したと思いますか? 何かその兆候は見られますか?
A1. まだ3回しか来たことがないので、フランス語に慣れたとは言えないんじゃないかと思いますね。でも、もう動揺したりはしなくなったし、いい感じになって来てますよ。Japan Expoのときとかパリのライブのときとかは単語を忘れちゃったりしたけど、今回はMCでもフランス語で言うことができました。

Q2. 麻生さんのブログで、トゥールーズの街を訪れたとありましたが、その感想を聞かせてください。
A2. とても綺麗でしたよ。キャピトル広場の近くに赤い石がたくさんあるところがあって、散歩していてすごく惹かれました。歩き回っていたら迷子になっちゃって、そしたら周りにいた人たちが助けてくれたんですよ。もう優しくて、びっくりしたけど嬉しかったです。

Q3. つい最近香港でライブがありましたが、香港とフランスでファンの人たちの違いなどは感じますか?
A3. 皆ライブ中は全力ですね。でも香港の人たちは日本語がすごく上手みたいで、MCを日本語で言っても全部わかってくれて、びっくりしました。冗談も通じましたよ!(笑)

Q4. 麻生さんは大学に行きながら、2つの番組に出演して[訳注2]、シンガーとしても活躍していますが、自分の時間は見つけられていますか?
A4. はい! …かなり忙しいですけどね。やっぱり授業に出るのもお仕事に行くのも楽しいですし、映画観に行ったり買物したり、自由時間も特に大事にしています。ちなみに、電車の中で寝るのがすごく好きです(笑)

Q5. 2ndアルバム「Precious tone」では、違ったスタイルの曲が詰まっていますが、そのようにした理由を教えてください。
A5. あぁ、いい質問ですねぇ(笑)。ソロデビューしてから今3年になるんですけど、音楽での成長を見せたくて。「Precious tone」は「カラフル」をコンセプトに、いろんな色が詰まっています。私自身の違った面――今までと違うなつこを、皆に見てもらえればと思います。

Q6. 昨日のライブでは、発売されたばかりの2ndアルバムの曲よりも、1stアルバムの曲が多くセトリに入っていましたが[訳注3]、それはどうしてですか?
A6. 1stアルバムの方が皆が知ってる好きな曲が多いんじゃないかと思ったからです。「Precious tone」の曲は、発売されたばかりなので、皆がちゃんと知ってくれるまでちょっと待った方がいいかな、と考えました。それと、皆にライブを楽しんでほしかったので、盛り上がれる曲を選びました。

Q7. 昨日のライブでは、ステージ上にピアノもありましたが、いつか「Teardrop of rain」の弾き語りを聴けるんでしょうか?
A7. 今まで、日本でもそうなんですけど、弾き語りはイベントの中で特別なときにだけやったことなので、ライブで弾き語りをやったことはまだないんですね。でも、もし機会があればやりたいと思います。

Q8. 最後に、フランスのファンに向けてメッセージをお願いします。
A8. フランスは日本からはすごく遠いので、どうしてもなかなか来ることができないんですが、私のことを忘れないでね! 私はいつも皆のことを思い出しているので、これからも私についてきてね。そして、「Japan in Motion」を観てね!

最後に、麻生さんからのビデオレターです。

インタビュー中とライブ中の写真はこちら:(省略)

(以下謝辞、省略)

訳注
1. ミニライブはなつこを含めて3組の対バンで、なつこは本来トップバッターであったが、何かの不具合によりトリになった。本来の時間に合わせて出番終了で帰ろうと列車のチケとかを買っていたファンは大激怒。さらにはチームなつこ(なつこ、やっかい氏、…)までもが怒りを顕にしたらしい。
2. 「ZIP!」(日本テレビ、日本)と「Japan in Motion」(Nolife、フランス)のことか。
3. セトリは拾えませんでした。行った人(フランス人)にも訊いてみましたが、正確な情報は得られず。

それにしてもこのサイト、記事見てみると、ももクリ簡易レポとか、エビ中のれいな卒業のこととか、相当広範囲の話題を扱ってる。侮れないですなぁ…。

Comment(s): -: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。